建築技術の薀蓄

世界中で建築の新しい世代が育ってきており海外では特に非常に斬新なデザインの建物が増えてきています。外装に合わせて内装もかなりこっているものが多く、そのニーズに合わせた突飛なデザイン性も考慮された機能性の高い建築材が求められています。

最新のお知らせ一覧

内装をデザインする上で、床・壁・天井といった箇所のデザインは非常に重要です。
面積が大きく、ちょっとした材質ひとつで部屋の印象を大きく左右するからです。

そういった意味で、あまり注目されていない割には、内壁材は重要な要素を占めるといっても過言ではありません。

それぞれの素材の持つ機能や性能などによって、日常生活の快適さ、さらには、明るさなども変えていく可能性があります。家庭の雰囲気まで踏み込んでくるという点も日常生活に影響を及ぼす箇所といえるでしょう。

最近の壁材は、壁紙メーカーや内装建材メーカーなど様々な方面から、豊富なデザイン、優れた機能を持つ商品が発売されており、一昔とは完全に違った選び方が出来るようになってきています。
さらに、施工の手間も簡単になり、且つ早く安いといった、いいこと尽くしの状態になっております。

現在、一般的な住宅で使用される内壁材は、クロス、壁紙、塗り壁、木質、タイルといったものが挙げられますが、それぞれ再分化などすればきりがないような状態です。

本サイトでは、商品ではなく、それらの材質の種類とそれぞれの特性を解説し、自身が内装のデザインを考えるときの参考になるような内壁材の基礎情報を掲載してまいります。
材質の特性を把握した上で、各社の優れた商品を選ぶようにしましょう。
デザイン面なども、多くあるため、ひとつでも多くのサンプルを見て決めるのが、自身の思い描く内装を実現するコツといえるでしょう。

費用対効果が高い魅力的な内壁材。簡単取付可能。

トピック

ボックス画像1

内壁材を選ぶ際のポイントについて

ボックス画像2

内壁材の種類と特徴【その1】について

ボックス画像3

内壁材の種類と特徴【その2】について

Copyright© 2011 EK corporation Tokyo All Rights Reserved.